3つの Optionbit

Optionbit(オプションビット)は広告中止中です。

OptionBitのプラットフォームをはじめとするシステムがすべて一新されることになり、追って通知があるまで新規顧客の受け入れを休止することとなりました。

ボリンジャーバンド

バーナリーオプションの説明

移動平均線とその標準偏差で構成された
トレンド系のテクニカルツールに、「ボリンジャーバンド」というのがあります。

 

このボリンジャーバンドは、
「ワンタッチ」投資でぜひ使いたいテクニカルツールです。
平均値は20本で計算するのが一般ですが、
「ワンタッチ」なら短期の5本平均が使いやすいでしょう。
また、足については満期と同じか、
ひとつ長い期間を使用すると良いでしょう。

 

ボリンジャーバンドには、
相場の値動きが激しくなるとバンドが拡大し、
揺るやかになると狭くなる特徴があります。

 

また、バンドは拡大と収縮を繰り返すのです。
この拡大と収縮をするバンドの習性を活用できるため、「ワンタッチ」にふさわしいといえるのです。

 

バンドの範囲に収まる確率ですが、標準偏差が±1σが68.3%、±2σが95.4%、±3σが99.7%で、
驚く確率の高さになっています。
これは、バンドが移動平均により動くからで、むしろ結果論といえます。

 

さらに、ボリンジャーバンドに注目するのは、過去のバンドの高値・安値が、
これから来る相場の高値・安値を示唆している場合が多いからです。

 

上昇相場では、過去のバンドが将来の高値の位置を教えてくれますし、
下げ相場では将来の安値の位置を教えてくれるのです。

 

また、高値にしても安値にしても標準偏差の2σがメドになります。

 

ですから、このことを知っていると、2σをメドにして条件を選択するだけで、
まずまずの成績を「ワンタッチ」で得られる可能性はあるといえます。

ワンタッチとボリンジャーバンド|是非使いたいボリンジャーバンドエントリー一覧