3つの Optionbit

Optionbit(オプションビット)は広告中止中です。

OptionBitのプラットフォームをはじめとするシステムがすべて一新されることになり、追って通知があるまで新規顧客の受け入れを休止することとなりました。

「時間」を意識して考える

バーナリーオプションの説明

為替バイナリーオプションをする際に、「時間」を意識して考えることも必要です。

 

実は、動きやすい時間帯と
あまり動かない時間帯が為替相場にはあるのです。
「ハイ・ロー」タイプでは、儲けやすいとは言い切れませんが、動きやすい時間帯について認識していれば心構えにも違いが出るでしょう。

 

そこで、まず1週間という時間帯で考えてみましょう。
アメリカで重要な経済指標が発表される可能性が高いので、金曜日は注意しなくてはならないです。

 

また、発表前には様子見気分から、
一進一退や狭いレンジでの動きに終始する傾向にあります。

 

あと、市場が休みとなる土曜・日曜に大きなニュースが飛び込んでくれば、
月曜の前半で急激な動きを見せることもあるので、月曜の前半も注意しなくてはなりません。

 

次に、1日という時間帯で考えてみると、16時〜18時が最も注意する時間帯といえます。

 

この時間帯は、欧州のマーケットが活発に動き始める時で、波乱の展開になることが多いといわれています。
また、この流れが米国市場に引き継がれるケースも多く、21時過ぎに相場が活気ずくことも多いです。

 

一方、日本市場がメインになる午前中は、動きが少ない時間帯になり、おおむね調整相場の中での展開になります。

 

ただ、それを逆に応用することで逆張りで効果をアップすることが可能かも知れませんし、
欧州市場では順張りが効果的になるかも知れません。

 

何れにせよ、為替バイナリーオプションをする際に、一週間や1日という「時間」を意識してみては如何でしょう。

時間を意識して考える|為替バイナリーオプション成功への道エントリー一覧