3つの Optionbit

Optionbit(オプションビット)は広告中止中です。

OptionBitのプラットフォームをはじめとするシステムがすべて一新されることになり、追って通知があるまで新規顧客の受け入れを休止することとなりました。

トレンドラインから判断する

バーナリーオプションの説明

ワンタッチ」タイプの高いリターンを
期待できるひとつの道標になるのが「トレンドライン」です。

 

トレンドラインとは、表示されている通常の範囲内で、現在足からみて最も高い価格と、次に現れた高値を直線で結んだラインです。

 

つまり、高値同士を結んだラインで、
これを「上値トレンドライン」(抵抗ラインともいう)といいます。

 

そして、もう一本が最も安い価格と、次に現れた安値を直線で結んだラインです。
つまり、安値同士を結んだラインで、これを「下値トレンドライン」(支持ライン、サポートラインともいう)といいます。

 

このトレンドラインを基にして、
「ワンタッチ」タイプの注文の仕方についてです。

 

設定条件が、上下のトレンドラインの中にあるケースでは「タッチする」を選択すると良いでしょう。

 

設定条件が、トレンドラインから多少外れているのケースでは、前の高値(安値)より上(下)なら「タッチしない」で、高値(安値)より下(上)なら「タッチする」を選択すると良いでしょう。

 

設定条件が、
トレンドラインからも、また前の高値・安値からもかい離しているケースなら「見送り」が良いでしょう。

 

ただ、最終決断するためには、
他に方向やタイミングをチェックする必要もあるので、一応の手がかり得られたと考えると良いでしょう。

 

次に、
トレンドラインは高値と安値をそれぞれ書く方法とは別に、どちらか1本を書き平行移動する方法もあります。

 

それぞれ引くのと平行移動のどちらを採用するかは、相場の動きによって判断します。

 

平行移動を採用するのは、高値から安値までが同じような幅で推移しているケースです。
それ以外のケースでは2本を独自に引く方を採用します。

 

あと、高値と安値から水平に引いたライン、つまり過去の高値・安値も重要になります。

 

これも相場のターゲットになりやすく、上昇相場なら過去の高値を、下降相場なら安値を目指すことになります。

 

例えば、上昇トレンドにあるケースでは、
今後も上昇に向かう可能性が高いので、過去の高値ラインをチェックします。

 

もし、設定条件がこのラインより下ならば「タッチする」のチケットを購入すると良いでしょう。