3つの Optionbit

Optionbit(オプションビット)は広告中止中です。

OptionBitのプラットフォームをはじめとするシステムがすべて一新されることになり、追って通知があるまで新規顧客の受け入れを休止することとなりました。

「ハイ・ロー」の2つのタイプ

バーナリーオプションの説明

バイナリーオプションは大きく4タイプに分けられます。

そのひとつに「ハイ・ロー」タイプがあり、設定価格やペイアウト倍率で、さらに2つのタイプに分けられます。

 

1つは、設定価格はスタート時のマーケット価格で、ペイアウト倍率が固定されているタイプです。

 

購入や決済はスタートするとできませんが、ペイアウト倍率(勝った時の払い戻し)が固定されていて分かりやすくなっています。

 

ペイアウト倍率固定タイプは、予測が当るとペイアウト分が払い戻され、予測が外れると購入資金が取られます。

 

2つ目は、業者が設定条件を提示して、購入時間によってペイアウト倍率が変化するタイプです。
スタート後の購入も可能で、
最大ペイアウト倍率は設定されていますが、価格水準や残り時間によってペイアウト倍率が変化します。

 

最大ペイアウト倍率はスタート時で、設定価格に近づいたり、残り時間が少なくなると倍率は低くなる仕組みです。
このタイプは確率を優先するか、倍率を優先するかの選択も可能です。
代表的なところとしては、IGマーケッツ証券が採用しています。

 

リターンとロスの計算は多少複雑になってきますが、
決済時の価格から購入時の価格を引いたものと考えると良いでしょう。

 

またトレイダーズ証券では、リターンは1枚1000円と設定されているが、購入価格が
50円(スタート時)から990円(締切り近く)まで変化する形式のバイナリーオプションを提供しています。

 

このように業者ごとで
商品特性に違いがあるので、比較しながらバイナリーオプションの商品を選択すると良いでしょう。

「ワンタッチ」タイプについて
バイナリーオプションのワンタッチタイプについてについての説明。
「境界」タイプについて
バイナリーオプションの境界タイプについての説明。
「ビルダー」タイプについて
バイナリーオプションのビルダータイプについての説明。