3つの Optionbit

Optionbit(オプションビット)は広告中止中です。

OptionBitのプラットフォームをはじめとするシステムがすべて一新されることになり、追って通知があるまで新規顧客の受け入れを休止することとなりました。

バイナリーオプション取引の仕組み

バーナリーオプションの説明

投資家にとってバイナリーオプション(BO)は、
新しい選択肢を与えてくれていますが、
それと共に業者にも新しい収入源を与えています。

 

通常、バイナリーオプション取引では、手数料が必要ありません。
つまり、
業者にとって手数料に代わる収入源があるといえるのです。

 

そのバイナリーオプション取引の仕組みを
知ることで、投資を有利に進めることができるかも知れません。

 

では、業者の収入源は何なのでしょうか?
その答えは、
ズバリ「顧客の資金」で、方法としては3パターンあります。

 

 

その1つが「払い戻し率を一定にする」パターンです。

 

基本的にバイナリーオプションは顧客と業者の相対取引で、顧客の注文は全部受けます。
そこで、多数派の予想が外れると少数派の予想が当った方へ払い戻しても差額ができ、それが利益になるのです。

 

ただし、多数派の予想が当ると持ち出しになってしまうので、
販売枚数を制限したり、売り買いの枚数が極端な時はカバー取引をするなどしてリスクを減らします。

 

このような仕組みが可能なのは、投資家の勝率が低いためといえます。
ただ、理論上の勝率は50%(実際は30%前後)で、FXの10〜20%と比較すると高いといえます。

 

 

2つ目は「払い戻り率を収入に含める」パターンです。

 

最大ペイアウト倍率を75〜95%前後に設定するもので、これにより5〜25%は利益になるのです。

 

 

3つ目は「ペイアウトエリアを設ける」パターンです。

 

ペイアウトゾーンを設けて、この範囲に入ると全員が負けとというものです。
ちなみに、レンジアウトなる確率は8%程度といわれているので、100回で8回分は利益になるといえます。

 

 

このような仕組みで業者は手数料がなくても儲かるのです。

バイナリーオプション取引の仕組み|BO業者の収益源は?エントリー一覧